悪質な誹謗中傷を受けた際

犯人を早く見つけたい時

自分の誹謗中傷が拡散されると、たくさんの人に見られてしまいます。
すると嘘の内容を、信じてしまう人がいるかもしれません。
自分の評判が悪くなるので、早く被害を収めなければいけません。
SNSに書き込んだ犯人を見つけるために、管理人へ連絡する人がいると思います。
ですが管理人に任せると、解決するまで時間がかかります。

誹謗中傷の内容が拡散されないうちに、記事を消さなければいけないので、管理人に依頼するのはおすすめできません。
弁護士の方が独自のルートを使って、犯人を特定してくれるので対応が早いです。
誹謗中傷の噂が広まらないうちに、弁護士に相談してください。
SNSに関して、詳しい知識を持っている人に依頼しましょう。

相手を反省させられるメリット

1回誹謗中傷が収まっても、油断しないでください。
犯人が反省していないと、時間が経過したら再びSNSに書き込みをします。
そのたびに犯人にやめるようメッセージを送るのは、面倒ですよね。
最初に厳しい罰を与えることで、相手がしっかり反省します。
刑罰を与えるため、相手を訴えましょう。
弁護士に相談すれば、裁判を起こせます。

誹謗中傷によって傷ついたことを訴えれば、慰謝料なども請求できます。
裁判を起こすほどのものではないと思っている人もいるでしょう。
ですが何度も相手に誹謗中傷されると、大きなストレスになって病気になるかもしれません。
そうなったら病院へ行かなくてはいけないので、さらに面倒になりますし治療費も発生します。