注意してSNSを利用しよう

第三者が写っている写真

綺麗な写真を撮って、みんなにも見せたいと思うでしょう。
その時は、関係ない人物がいないか確認しなければいけません。
勝手に第三者が写っている写真をSNSに乗せると、苦情が来る可能性があります。
そこからトラブルに発展するので、写真をアップする際に気をつけてください。
自分は風景を撮ったつもりでも、後から確認すると、知らない人が映っているかもしれません。

どうしてもその写真をSNSにアップしたいなら、人を隠してください。
今はアプリで簡単にモザイクをかけることができます。
人が誰だか確認できない状態の写真なら、SNSに乗せても問題ありません。
高度な加工ができる人は、人を消してもいいですね。
パソコンのソフトを駆使すれば、人も消せます。

苦情を言われたらすぐに消そう

SNSに乗せている写真を、削除してほしいと言われるかもしれません。
その場合はすみやかに消してください。
第三者が写っていないかきちんと確認したつもりでも、見落としている可能性があります。
また、例え友人でも無断で写真を載せることは、絶対にしないでください。
間違って許可を得る前に友人の写真をアップしてしまった場合は、すぐに消しましょう。

SNSは、自分の投稿ならすぐに消せます。
許可を得てから、改めてアップしてください。
SNSは誰が見ているかわかりませんし、情報が拡散されます。
自分がアップした写真が原因で、友人がトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
そうなったら責任を取れないので、注意してください。